ギャンブルと節約の関係

a0002_005119

ギャンブルは賢い節約術の逆になるので、できる限り避けることが必要です。

自らの意思でギャンブルを断つことができない、病的賭博、ギャンブルホーリックはWHOでも病気に認定されていますが、これを続けている限り経済観念が乏しい人になってしまいます。

なかなか自分ではギャンブルを断つことができない人は、どこまでが娯楽でどこまでが病的な依存なのかを冷静に分析することが必要になってきます。

そのような対応ができないと、どこまでもずるずるとギャンブルを続けていってしまい、最終的には何も残らないことになってしまいます。

冷静に自分を分析して、きっちりと管理できるようにならないと、対処も難しいといえます。

節約をするためには、まずはこの面からきっちりと対応しておくことによって、かなり柔軟に余計な出費を防ぐことができるといえるでしょう。

もし自分できっちりとやめたいと思っているのであれば、できる限り物理的に不可能にするように、預金をして平日は下せないようにする、などの対処をしておくことが望ましいといえます。

放置しておくと、ひどい結果を招いてしまうので、きっちりと対応しておくことが望ましい方向になることは間違いありません。

コメント